編修前記

"まとまる前の文章" を "まとめる前" の文章

今年も桜が綺麗だ

"好きなものでさえ、意識的に遠ざければ好きではなくなってくる"というのはある面で真実だろう。
単純接触効果の逆といったところだろうか。

最近、日の当たらない生活をしている。
日中に外出するのは稀だ。家にいても闇のような遮光カーテンを引いて、定位置に収まる。
定位置と言っても1箇所ではない。こたつに潜るか、ベッドでまどろむか、そうでなければロフトベッドの下に薄く広がった空間に縮こまる。
こたつの人工的な温もりに嫌気が差せば、ベッドへと足は向かう。まどろみに飽き足りれば、薄い空間へと落ち着き、なるべく詩的に文章を書こうとするか、2~3本の動画を見る。手の届く範囲にはギターが置いてある。面白い動画が無さそうなら、それを手に取り、静かにIVM7-V-VIm7の単調な流れを繰り返す。満足ならギターを戻し、本棚からストーリーを思い出せなさそうな文庫を取り出し、再びパネルヒーターの無機質な温かみに脚を委ねる。

いつの間にか今日も日が落ちる。普段から静かなこの地区から誰一人車一台もいなくなった隙をみてドアを開ける。この季節は職場の庭に桜が咲く。毎年見ているはずのその枝は、何度見てもよく花をつけている。
まだ5分咲程度だろうか、と月明かりを透かしつつ、庭をショートカットして進む。
少し大通りへ出ればいつだってそこは明るい。その眩しさに当てられて、そそくさと帰路を進む。

自分は桜が嫌いなのかもしれない。
昼も夜も人を呼び寄せる。花が舞う季節も美化され語られる。葉をつけても、惜しまれることはあれど、嫌われることはない。
そのくせ、桜は別れの季節を祝福しない。別れ際の桜吹雪なんて、小説世界の産物だ。

自分は別れが嫌いなのかもしれない。
"それじゃあ、またいつか、どこかで。"
その言葉を心から言えない。
その言葉は本来、今生の別れ際にこそ交わされるべきだと思っているからなのかもしれない。

この現代において、今生の別れは滅多に存在し得ない。
通信手段が発達しすぎている。便利と味気なさはきっと同義だ。
"名前を知らないあの人"を、写真から検索できるなんて、おかしい。
"顔を知らないあの人"の笑顔を、一方的に知れるなんて、おかしい。
そのくせ調べ得る情報はその人の上辺しか語れないなんて、おかしすぎる。
でも自分はそんな社会を嫌いになれない。便利さから逃れることができない。

この社会は、人と人を別れさせてくれない。
出会った瞬間に、人と人は別れるには近すぎるほどに距離を詰めてしまう。
名前か顔を知ってしまった瞬間に、綺麗に別れることができなくなってしまう。
そんな社会が薄気味悪くて、たまらない。
これからも発達を続けることを考えれば、ちょうど今、不気味の谷底なのかもしれない。

自分は別れが苦手なのかもしれない。
別れの経験値が圧倒的に足りていない。
どんなに別れようと考えても、どうにかして連絡がついてしまう。
"それじゃあ、またいつか、どこかで。"
そう言われても、そしたらいつにしようか?と返せてしまう。
そんな社会が好きではないし、そんな自分が嫌いだ。

苦手なものを克服する習慣も意地も、自分には足りていない。
今まで苦手なものを克服したことがない。
自然と好きになるのを待つか、捨ててきた。
捨てるのは得意だ。
だから要らないものは、ゴミも、服も、本も、意識も、考え方も、人間関係も捨ててきた。
下手に別れるくらいなら、と。
出会いの対は別れではなかった。一方的に捨てる経験が多かった。
だから、別れが苦手で、そして嫌いだ。

自分は桜が嫌いだ。
別れを祝福してくれないから、嫌いだ。
自分は別れが嫌いだから、嫌いだ。
足元に何が埋まってようと、何食わぬ顔で花をつけ人にイベントスペースを提供し続けるから、嫌いだ。
そのくせ一人前に立派に出会いを演出するから、嫌いだ。

だから今日も外に出ない。
窓から覗けないよう、闇を広げる。
室温はいたたまれないほどでもなくなってきた。
そしてギターを手に取り、ヘッドフォンをする。
IVM7-V-VIm7の単調な流れを乱雑に掻き鳴らし、そして弦を見る。
良かった、切れていない。
単調な流れを繰り返す。エレキを買ってよかったと、心底思う。
隣室からの苦情はまだない。
単調な流れを繰り返す。ヘッドフォンから歪んだ悲鳴を聴く。
ピックは激しく弦を擦る。スクラッチノイズも歪む。

ギターのSOSを受け取るのは、知人に借りているヘッドフォンアンプと、
自分の耳だけだ。

 

 

相手無き議論は無駄か

この場所に対する説明とその補足。

ここで用いられる語彙は、はっきりとその意味を表すために用いられるのではなく、ニュアンスの塊である。

議論とは往々にして相手を伴う形で行われる事が多い。確立された議論の形式として、グループディスカッションやディベートブレインストーミングなどはその好例であり、ここに挙げられることのなかった形式も大概は"議論の相手"を伴うだろう。

その大きな理由は明白であり、一人で黙々と考えるよりは大人数で考えたほうが生産的でかつ良質なアイデアがまとまるからであろう。

しかし、この考え方はあまりにも資本主義的で、無機的であるように思う。共産主義が有機的かという話は別にして、人間的な温かさのある行いというよりは画一的なメソッドのように私は感じてしまうのだ。

だからどうだと述べるつもりはない。無論、"相手を伴う議論"を否定することが目的ではない。

天邪鬼な自分はこの常識に切り込みたい。 相手を伴う議論"だけ"が有意義か。 一人でのみ行う議論は無駄か。

"相手"には生身の人間だけでなく、人間が吐き出した言葉、書物をも含むだろう。

"どうせ何かを考えるなら多角的な意見があったほうが良い" と多くの人間は言うのかもしれない。 実際そうなのだろうし、そうして生まれた意見が世界に広く受け入れられる。

しかし、自分は広く意見を浸透させたいとは思っていないのだろう。 自分が考えたという事実が欲しいだけかもしれない。 何かを考えているという行為に溺れたいだけかもしれない。

それを達成する場所をここにしようと決める。

長々と言い訳を最初に書いておくことにする。

なんかきた

どうもおひさしぶぶりな投稿です。

一昨日埼玉の友人がつくばを訪ねて三千里してきました。女子会しました。女子はいませんでしたが。

f:id:Rawashi:20150506125804j:plain

まあ女子会というのも目的はひとつに限定されないらしいので、うちの女子会は"女子を敬う会"にしようと思いました。

そろそろGWも終わるので生産的にならんといけませんな。

おわり

板を買った

大角豆のアルペンに行って板を買ってきました。

f:id:Rawashi:20150211224052j:plain

f:id:Rawashi:20150211224056j:plain

若干の予算オーバーでしたが、無事に旅行前に足元一式を揃えられたので満足です。

お金はこれから稼ぎます。来週後半からその先は毎日のように産総研バイトです。
とはいっても業務内容がそこまで大変じゃない(往復の満員バスの方がキツイ程度)ので天職っぽいです。免許合宿がなければ3月中旬までやりたかったレベルです。

それよりも現職を退職したい意向は前々からありますがなかなか言い出せないのがアレです。24時間営業店なのでまとまって社員さんとお話する機会に恵まれないのです。

まあとりあえずそんな感じで最近を生きているところです。

明後日がオーバータスクなのでなかなかに忙しくしていますがのらりくらりといきます。

板のワックスがけのあと24時間くらい乾燥させなきゃっぽいので早くやらんとですね。明日の夜かな。

それではおやすん。

おきた

おはようございます。

森永ミルクココアを標準量の3倍の粉を投入しお湯で溶き、全体量の1/3ほどの生クリームを入れて電子レンジで温めたものを飲んでいるこちらになります。

この時間に起きてしまって思ったことですが、最近の一連のメンタル的欠陥はほぼ間違いなく人生に対する幸福量が足りてないことから起こっているわけで、元来睡眠にそれを求めるタイプの自分はこの劣悪な睡眠環境に慣れてしまった故にその症状が現れていて、、、という話を考えたのでした。

ここ最近は何を思ったか数学の勉強をやり直すつもりらしく、足掛け的に春に受講したパターン認識の教科書を開きつつ、数学的高次元な世界に身をやつしているのでした。

それだけです。早く雨やまないかな。

シェイカー童貞を捨てた

友人からの誕生日プレゼントでシェイカーをもらったので早速カクテルをシャカシャカしてみました。

作ったのはガルフ・ストリームというやつで、レシピ調べて適当にあるもので作りましたがいい感じに美味しく出来ました。

ごちそうさまでしたん。

f:id:Rawashi:20150115000323j:plain

気づいてたらもうこんなにおじさんになっていた話。

そうですよ。本日を以って20歳になりました。いやーまあ誕生日を迎えたところで日常にはなんら変化はなくただこれまでの焼き増しになってしまうのだろうということは予想できますが、それでも嬉しいような悲しいような複雑な気持ちではあります。20年間を思い起こしてみても記憶容量の関係で最近n年間の主要な出来事しか思い出せませんが、ここまで大切に育ててくれた両親に感謝ですね。自分で言うのもあれですが、うちの両親や両祖父母とかはとても面倒見のいい方々たちでして、ここまで幸せを享受できている人生をともすると当たり前として受け入れてしまっているフシもなくはないですが、半ば強引にでも周りの人々お世話になっている方々に感謝して、これから少しずつでも恩返しをしていきたいものです。

昨日の投稿でもちらっと書きましたが、本日を迎えたことによって解禁される事項も多くあり、人生は経験が大切との持論を持っている自分としては色々実りのある人生を送りたいものです。

そういえば10代最後の食事はカニパスタでした。粉クリのカニパスタを目指してはみましたが、やっぱりそうそう旨くは出来ないみたいですね。とはいっても市販のおいしいパスタソースを使ってしまったので反則と言われればそれまでですね。このサンクゼールのパスタソースはかなり美味しいのでたまに買って使うのもいいかもとか思ってます。まぁ何はともあれ今年も様々な料理に挑戦できたらと思ってます。

f:id:Rawashi:20150113232627j:plain

パスタソース含め、今年の誕プレforMeは結構弾んでみました。下の画像の通りパスタソースと蟹缶、リードディフューザーはんなり豆腐シリーズのかわいいやつ、そんで念願のひたぎさんのパズルにその他もろもろと言った感じです。豆腐に関してはPASSPORTで発見した瞬間にビビッと来てしまったので、今後もコレクションが増加する気がします。なんにせよ、うちにソファが来たらいろいろクッションとして設置したいものですね。

f:id:Rawashi:20150113232619j:plain

f:id:Rawashi:20150113232633j:plain

そんな感じで20歳とかとんだおじさんになってしまったものですが、おじさんらしく満喫ライフを送りたいところです。

ではでは

あ、昨日に引き続きプレゼントを募集していますのでほしい物リストのリンクから適当になんかください(殴
うそですなんでもするからなんかくださいおねがいします。